START YOUR STORY はじめてみよう、ジブンだけのチャレンジ。

CUT YOUR STARTING LINE! スタトラ SEASON 2022/2022.06.05 START! 3DAYS

SCROLL DOWN

はじめてみよう、ジブンだけのチャレンジ。

「STARTING LINE(スタトラ)」は
“もっと自分らしく、もっとラフに” をテーマに、
チャレンジをはじめる人のためのプログラムです。

自分だけのスタイルで挑戦を続ける先輩メンター、そして仲間と共に、
あなたの「いつかやってみたい」を「今やっている」に変える3日間。

色んな人に話してみる、一度試しにやってみる。
その繰り返しが、あなたの思いをより鮮明にしていきます。

心に秘めた「いつかやってみたい」をカタチに。
さあ、あなたの「STARTING LINE」をいま、引こう。

Facebookアイコン Twitterアイコン

CONCEPT
スタトラのコンセプト

スタトラに参加するにあたっての最も大事なコンセプトです。
常に意識しながら、参加者同士でプランをブラッシュアップし合います。

ポイント1

1.まず試す

新しい挑戦には困難はつきもの。失敗を恐れず、まずは試そう。そして試行錯誤を重ねよう。

ポイント2

2.多様なスタイルを楽しもう

学生、フリーランス、子育て世代、社会人など、多様なバックグラウンドの上に成り立つ挑戦を尊重しよう。違いや個性を愛し、楽しもう。

ポイント3

3.応援し、応援されよう

応援し合う環境づくりに自ら取り組もう。助け合える仲間にまずは自分がなろう。

MENTORS
先輩・講師陣

自分らしい生き方・働き方を実践する講師や先輩たちとともに、
「いつかやってみたい」を「いまやっている」に変えよう。

菱山 翔平 氏

菱山 翔平

Ticnic株式会社 代表取締役

半導体商社入社後、宿泊・飲食予約サービス、買い物代行サービス、配車アプリサービスを経て、2021年6月にTicnic会社設立。「ticnic」という、手ぶらアウトドア体験サービスを展開中。岡山県蒜山高原にてテストローンチ後、現在東京にてテストローンチを繰り返す。

WEB

江連 千佳 氏

江連 千佳

株式会社Essay 代表取締役/津田塾大学総合政策学部3年

2000年に東京で生まれる。女性のデリケートゾーンの悩みがタブー視されている社会構造を問題視。「次の時代を生きる女性たちへ、私らしくある自由を届ける」をモットーに、エンパワメント・ブランド I _ for MEを立ち上げ、ショーツ機能付き部屋着、”おかえり”ショーツを販売している。同商品はクラウドファンディングで72万円の資金調達に成功。同商品は、ananやマツコ会議をはじめ、メディアで話題に。事業は、Tokyo Startup Gateway 2020でファイナリスト、APT Women 6期生、Makers University6期生に採択され、Global Student Entreprenur Award 日本3位など評価を受けている。

WEB

笈沼 清紀さん 氏

笈沼 清紀

株式会社ケアウィル 代表取締役

新卒で日本総合研究所にてITコンサルティング、SMBC日興証券でM&Aアドバイザリーに従事、楽天入社。ケンコーコムへ出向、執行役員として事業マネジメントに従事。その後、ジンズ(メガネのJINS)執行役員として経営企画・事業開発を管掌、KDDI革新担当部長としてEコマース戦略立案・実行に従事。マネジメントの傍ら精神障害と認知症を患う父とともに13カ月間の看護、5年間の介護、20年間の闘病の日々を過ごす。認知症病棟で提供された「入院着」に違和感を抱き、父の死後デザインと機能を兼ね備えたケア衣料を服飾講師の母と開発。2019年9月「服の不自由を解決する」をミッションに(株)ケアウィル設立。Tokyo Startup Gateway 2019ファイナリスト&オーディエンス賞受賞。2020年(公財)東京都中小企業振興公社事業可能性評価事業に採択。量産品「アームスリングケープ」は2021年度グッドデザイン賞受賞。

WEB

※新しい先輩・講師の方が決まり次第、随時こちらに掲載します。

OUTLINE
カリキュラム内容

あなたの「アクション」を後押しするカリキュラムとして
以下をラインナップしています。

スケジュール

DAY1 : 202264日(土)13:00-16:30@オンライン

Zoomの風景

この日が新しい始まりのスタートライン(Kick Off)です。

それぞれの想いを胸に、様々なテーマ・領域で自分のアイデアを実践していく「同志」が集い、 想いやビジョンを共有します。自分が心の底からなにをやりたいと思っているのか?この先何に向かって、どこへ辿り着いていきたいのか?を深く共有し合い、フィードバックし合うことを通じて、想像を超えた自分ならではの事業アイデアを見出していきましょう。

また、今もなお挑戦を続ける起業家をゲストにお招きし、起業までどのようなプロセスを辿ったか、またその中で、同じタイミングにチャレンジをはじめた仲間やコミュニティをどう活かしてきたかなど、赤裸々に語って頂く特別トークも実施します。

DAY2 : 202265日(日)13:00-16:30@オンライン

DAY2もワークを通じて、自らの想いを言語化・具体化し、共有しながら、ビジョンを深めていきます。

また、まだ挑戦を始めたばかりの起業家ゲストをお招きし、はじめの1歩は何から始めたか、何につまづきどう乗り越えたかなどを伺いながら、最終的に自らのアクションプランに落とし込んでいきます。アクション期間に向けて、何から始めるか?どう行動するか?を導き出すワークを行います。

ACTION : 202266日(月)〜11日(土) アクション期間

個人でアクションを実践し、起業に向けた1歩目を踏み出す期間になります。アクションの大小は問わず、各々のスタイルに合わせた試行錯誤をして頂きます。

DAY3 : 2022612日(日)13:00-18:00@東京都内某所

DAY3の風景

最終日はオフライン開催になります。今後お互いに挑戦を仕掛けていく「同志」が一堂に会し、ここまでの進捗や新たな課題、今後の計画をお互いに共有することを通じて、具体的なアドバイスをし合うと同時に、自分自身に足りない知恵・情報・ネットワークを相互に交換し合うことで、さらなる実践のブラッシュアップを加速していきます。

また挑戦を始めだした皆さまへ向けて、日本を代表する起業家による特別講義を行います。

DAY3については、オフラインでの開催を予定しておりますが、新型コロナウイルス(COVID-19)の状況を鑑みながら開催形式が変更になる場合は、お申込み時にご登録いただくアドレスにメールでお知らせ致します。
対象
(1)
起業への関心を持っており、これから自分のアイデアを実現に向けてスタートしていきたい意思を持つ全ての個人(10代も歓迎)
※すでに活動を始めていても応募可能です。
(2)
カリキュラムの6/4(土), 6/5(日), 6/12(日)の3日程とも参加できる方
参加費 無料
内容
  • 本講座の申込締切は、2022年6月3日 (金) 12:00 (二次募集)です。なお、定員をはるかに超える応募があった場合、締切日前に申込みを締め切る場合がございます。予めご了承ください。
  • 本講座は、定員を超える申込みがあった場合、抽選によって参加者を確定させていただくことがあります。抽選となる場合は、申込者の方全員に2022年6月1日 (水) までにご連絡します。
  • 申込フォームの記入には多少の時間を要しますので、お早めのお申込を推奨いたします。
  • 法律、法令、公序良俗に反する内容、または本プログラムの趣旨に反する内容等でご応募された方に関しては、本講座への参加は認められませんので、予めご了承ください。
  • 過去のTOKYO STARTUP GATEWAYへの参加の有無は問いません。
  • 都外にお住まいの方でも応募は可能です。(但し、交通費・宿泊費等の支給はございません。)
q

APPLY
参加申込

お申込みを締め切らせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

PAGE TOP