TOKYO STARTUP GATEWAY

English都庁総合トップページサイトマップ

HOME > TSGマガジン > 自分ができないからプランを変えるのではなく、 できるような環境を自ら作ることが重要

INTERVIEW
自分ができないからプランを変えるのではなく、 できるような環境を自ら作ることが重要

根本 淳成さん(2015ファイナリスト/株式会社TripBox代表取締役兼CEO)

Facebookアイコン Twitterアイコン はてブアイコン LINEアイコン

13228158_850004848445317_796815849_n

手がけている事業について教えて下さい。

Tastimeは、海外旅行者に対して観光情報を、
写真(Instagram)によって提供するWebサービスです。

私たちがこのサービスを提供する理由は、
「人々が一瞬で直感的に自分の欲しい情報をキャッチアップしたいという潜在ニーズを抱えている点」、
「旅行をする目的が多角化してきているにもかかわらず情報サービスが進化していない点」、
の2点です。

それらを解決するために、
私たちは”Bring your imagination to reality”を企業理念として、ITで直感的に自分の求めている(シェアしたい)場所やモノを非言語で見つけられる新たな情報検索の形を提案しています。

13233246_850005138445288_743154502_n

根本さんにとって、TOKYO STARTUP GATEWAYはどんな価値がありましたか。

私にとって、TSGはビジネスコンテストというよりも「学び」と「出会い」の場でした。

私は、審査の度に指摘されたこととやりたい事との妥協線を探りながら、自分の問題意識をアイデアからビジネスプランへと落とし込んでいったので何回ピボットしたか自分でも覚えていません。

しかし、問題意識の部分は一度もブレずにメンターの経験と知識を参考にして自分の中で腑に落ちる形を模索した期間でした。

一番大きな成長としては、
自分ができないからプランを変えるのではなく、
できるような環境を自ら作ることが重要であると学んだ事です。

IMGP1461

エンジニアが必要になり、僕が口説いてジョインしたTSGで出会ったメンバーは、現在役員として一緒に仕事をしています。

これから起業を考えている方に向けて、メッセージをお願いいたします。

私が伝えたい事は1つで起業は目的ではなく、手段であるということです。

社会的には現在、起業ブームのように起業することを目標としている人が非常に多く、そういう人たちのほとんどの本当の目標はお金持ちになる、もしくは意識高く見せたい学生のどちらかだと思います。

もちろん起業する人は意識が高いですし、僕もお金持ちにはなりたいです。

でも、それらはあくまでも後から付いてくる結果であり、起業する理由にはなりません。

ビジネスはあくまでもニーズ(問題)が存在して、それに対するサービス(解決策)が価値として提供されます。

基本的なことですが、この仕組みを理解せずに自分のプランに酔ってるだけではお金も発生しません。

僕もまだ成功している訳ではないですが唯一言える事は、どんな事業案もまず自分がどのような問題を解決しようとしているのかを明確にすることが一番大切だという事です。

関連URL

Tastime : https://tasti.me/
株式会社TripBox HP : http://tripbox.co.jp/

過去のTSGの様子はこちら

TOKYO STARTUP GATEWAY 2021

TOKYO STARTUP GATEWAY 2020

TOKYO STARTUP GATEWAY 2019

TOKYO STARTUP GATEWAY 2018

TOKYO STARTUP GATEWAY 2017

TOKYO STARTUP GATEWAY 2016

TOKYO STARTUP GATEWAY 2015

TOKYO STARTUP GATEWAY 2014

[ PROFILE ]

根本 淳成さん(2015ファイナリスト/株式会社TripBox代表取締役兼CEO)

株式会社TripBox 代表取締役 CEO。1994年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科在学中。高校時代に受講した早稲田大学ビジネススクール共催の起業家育成プログラムにおいて、ビジネスとは目的でなく、問題解決をする手法であることを学ぶ。その中で起こした事業で社会起業家支援団体ASHOKAから当時最年少ベンチャラーに選出。その後、いくつかの事業を関わる過程において参加したダボス会議系列組織Global Shapersにて英語能力の重要性を認識し、2014年からビジネスと英語を学ぶためにNYに1年間留学。帰国後、本事業「Tastime」の元となるプランでTokyoStartupGateway2015ファイナリストに選出。

他の記事を見る

INTERVIEW

400文字の夢のつづき 第12回 ~雪国の日常を変える「雪の積もらない路面」の開…

山本 慎之介さん(2019ファイナリスト/一般社団法人Surface Builder共同代表 / 総合化学メーカー会社員)

INTERVIEW

失敗を笑いに換える“落語マインド”を世界中に広める。

楽亭じゅげむさん(2021セミファイナリスト/一般社団法人Lauqhter 代表理事)

INTERVIEW

起業する、経営する、その本質に迫るリアルな環境がある。

計良 陽介さん(2014セミファイナリスト/TH_READ 代表)

INTERVIEW

「科学でスポーツのできないをなくす」ウェアラブルデバイスの開発

宮澤 留以さん(2021ファイナリスト/株式会社sci-bone 代表取締役CEO)

記事一覧へ戻る