TOKYO STARTUP GATEWAY

English都庁総合トップページサイトマップ

HOME > TSGマガジン > 手軽に楽しめるピクニックサービスで自然とふれあいリフレッシュを。

INTERVIEW
手軽に楽しめるピクニックサービスで自然とふれあいリフレッシュを。

菱山 翔平さん(2020ファイナリスト/Ticnic株式会社 代表取締役)

Facebookアイコン Twitterアイコン はてブアイコン LINEアイコン

昨年度から始まりました 連載インタビュー『400文字の夢のつづき』。
2022年度は通年でTOKYO STARTUP GATEWAY(TSG)出身起業家の皆さんに、
取り組まれているプロジェクトや起業までのストーリーをお伺いしていきます。
エントリーを検討されている方、そして、幅広く起業をお考えの皆さんのヒントになるはずです。

それでは、菱山翔平さんのインタビューです。

手ぶらでテイクアウトと楽しむピクニック。

ー簡単に自己紹介をお願いします。

菱山 翔平です。半導体商社入社後、宿泊・飲食予約サービス、買い物代行サービス、配車アプリサービスを経て、昨年6月にTicnic株式会社を設立。
「ticnic」という、手ぶらアウトドア体験サービスを展開し、現在に至ります。

ーちなみにプライベートではどんな方ですか?生活スタイルや好きなものについてぜひ教えてください!

食事やショッピング、たまに旅行へ出かけたりする以外は、割とインドアな日常が多いです。笑
元々趣味が少ないため、リフレッシュする手段も少なかったのですが、最近は自然の中で過ごすことを意識的に心がけ、日々の疲れを癒しています。

ー今、仕掛けている事業のミッションや活動内容を教えてください。

私たちは「現代人が自然と接する機会を増やし、心身共にリフレッシュできる世界を作る」という信念を持っています。
その手段としてアウトドアの中でも、身近に取り組める「ピクニック」のあり方を新たにデザインし、「手ぶらでテイクアウトと楽しむピクニック」というコンセプトのもと、人々が楽しみながら自然と接する機会を増やすことのできるサービスの提供を目指しています。

ー取り組まれている事業・プロジェクトをやりたいと思ったきっかけを教えてください。

緊急事態宣言の第一回目が発令された後、テレビのニュースを見ていた時、ある旅館がビッフェの提供を一時的に停止し、自然の中でテイクアウト料理を楽しめるといった体験を展開されているのを見て、私の今までの経験から、同じようなサービスが他の至る所でも楽しめたら良いのではないか。と思ったことがきっかけです。

起業へのプロセスを歩んでいるのは一人ではない。

※画像:齋藤幸枝さん(2020セミファイナリスト/La Perle代表​)とのコラボレーション。

ー起業したいと思った時期はいつですか?また、TSGに参加しようと思った時の状況や参加した理由を教えてください。

本格的に起業したいと思ったのは、TSGのコンテストが終わってからになります。
TSGに参加しようと思った理由は、前々から漠然と起業をしようと思っていましたが、どのようなアイデアで起業すべきか迷っていて、行動に移せていなかったので、少しでも行動に繋げていきたいという意図から参加を決めました。
実は参加したコンテストの数年前から電車の広告でTSGのことを知っていたにも関わらず、なかなか行動に移せず、2020年に今年こそはと想い、参加しました。

ー菱山さんの人生において、TSGはどんな価値がありましたか?起こった変化や気づきなどがあれば教えてください。

アイデアを具現化するまでの思考の整理に大変役立ちました。TSG応募当初は、抽象的だったアイデアも、選考を重ね、TSG参加者などから様々なフィードバックを得ることにより、更にアイデアの解像度を高めることでき、実際の起業へと繋げることができました。

ーTSGに参加されて、どんな出会いがありましたか?

同じような志を持つ方々にお会いできたのが、大変嬉しかったです。私と同じように起業に関心はあるけれど、何から手をつければ分からないといったような方々と出会い、起業へのプロセスを歩んでいるのは一人ではないと思うことができたのが、自身の励みとなりました。

ーTSG終了後は、どのように事業を進められていましたか?

TSGのアイデアを具現化するため、まずはアウトドアチェアやテーブルの製品開発が必要だったので、製品を作ってくれそうな会社へ企業ホームページから問い合わせを行い、実際に製品開発のご協力を得ることができました。
その後は、上記お取引先からサービス展開を行うエリアまでご紹介頂き、実際のサービスローンチに繋げることができました。

「自然」と接して心身のリフレッシュを。

ー今後実現したい世界やビジョンを教えてください。

ticnicでは「自然」と接することで現代人の心身のリフレッシュを増やすという想いで事業を展開しておりますが、「自然」に限らず、人々のリフレッシュや幸福に寄与できるサービスを多くの場所で展開することが、私の中長期的な目標です。

ーこれから起業を考えている方や、TSGのエントリーをされる方に向けて、メッセージをお願いいたします。

TSGに応募するまでは、漠然と起業したいな。と考えていただけですが、考えているだけでは前に進みませんでした。少しずつ行動に移すことで、自身の想いを形にすることができます。私はTSGへエントリーした400字が起業の第一歩目になりました!

==========================
TSG2022の締切は、7/3(日)23:59です。
エントリーはこちら
新しい一歩を踏み出す皆さんの
エントリーをお待ちしています!
===========================

過去のTSGの様子はこちら

TOKYO STARTUP GATEWAY 2021

TOKYO STARTUP GATEWAY 2020

TOKYO STARTUP GATEWAY 2019

TOKYO STARTUP GATEWAY 2018

TOKYO STARTUP GATEWAY 2017

TOKYO STARTUP GATEWAY 2016

TOKYO STARTUP GATEWAY 2015

TOKYO STARTUP GATEWAY 2014

[ PROFILE ]

菱山 翔平さん(2020ファイナリスト/Ticnic株式会社 代表取締役)

半導体商社入社後、宿泊・飲食予約サービス、買い物代行サービス、配車アプリサービスを経て、昨年6月にTicnic株式会社を設立。「ticnic」という、手ぶらアウトドア体験サービスを展開し、現在に至ります。

他の記事を見る

INTERVIEW

企業だけじゃない、女の子、男の子、ギャルにだって社会的責任はあるんだ!

中村 暖さん(2014セミファイナリスト/ファッションブランド「DAN NAKAMURA」)

INTERVIEW

「この場から全てが動き出した。」2013年ソチ五輪代表候補のプロスキーヤー起業ま…

大久保 亜弥さん(2015ファイナリスト/株式会社ファーストシーアイ 代表取締役社長)

REPORT

先輩のSTARTING LINE -第7回- ハイブリッドキャリアの先にあるまだ…

稲葉 哲治さん(SOIF共同代表/エシカルペイフォワードプロデューサー/EDAYAプロボノ/HRコンサルタント)

REPORT

先輩のSTARTING LINE -第4回-複業で生み出す、日常の幸せ

安藤 耕史さん(合同会社カンパイ日和 代表/サイボウズ株式会社 アシスタントプロダクトマネージャー)

記事一覧へ戻る