TOKYO STARTUP GATEWAY

English都庁総合トップページサイトマップ

HOME > TSGマガジン > テイクアウト容器をシェアして、地球に優しい循環型社会へ。

INTERVIEW
テイクアウト容器をシェアして、地球に優しい循環型社会へ。

善積 真吾さん(2019セミファイナリスト/株式会社カマン代表取締役)

Facebookアイコン Twitterアイコン はてブアイコン LINEアイコン

昨年度から始まりました 連載インタビュー『400文字の夢のつづき』。
2022年度は通年でTOKYO STARTUP GATEWAY(TSG)出身起業家の皆さんに、
取り組まれているプロジェクトや起業までのストーリーをお伺いしていきます。
エントリーを検討されている方、そして、幅広く起業をお考えの皆さんのヒントになるはずです。
それでは、善積 真吾さんのインタビューです。

新規事業立ち上げに関わるキャリアから、法人設立へ。

ー簡単に自己紹介をお願いします。

株式会社カマン代表取締役の善積真吾です。
2005年ソニー(株)に入社後、全自動カメラロボット「Party-shot」を発案し事業化しました。社内新規事業創出プログラムのオーディション立ち上げに参画し、その後もプロデューサーとして、100チーム以上の大企業・ベンチャー・大学・NPOの新規事業の立ち上げを支援していました。その後、2020年末に株式会社カマンを創業しました。

ーちなみにプライベートではどんな方ですか?生活スタイルや好きなものについてぜひ教えてください!

独身時代は半径2万km以内どこへでも旅に出ていました。今は結婚して幼い子どももいて、半径2km以内の海や山で子供と一緒に遊ぶ週末です。

ゼロウェイストな循環型社会を目指して、テイクアウト容器をシェアする。

ー今、仕掛けている事業のミッションや活動内容を教えてください。

現在仕掛けている「Megloo」はテイクアウト時の地域共通容器シェアリングサービスです。容器を加盟店舗に事前配布し、ユーザーはアプリで容器を借りられます。返却は対応店舗どこでも可能、もしくはオフィスに設置されている返却ボックスに返却が可能です。

家庭ごみの50.4%(容積比)がプラスチックの容器包装で、その1/3がカップ・弁当容器です。使い捨て容器は15分程度持ち運ぶためだけに使われて捨てられてすごくもったいないと思っていました。

昔の出前システムを令和の時代の技術を用いてアップデートしたら、使い捨てよりもリユース容器のほうがless wasteでCO2の削減や最終処分場不足問題の解決の糸口になります。
「Megloo」で、地域全体でのゼロウェイストな循環型社会を作っていきます。

ー取り組まれている事業・プロジェクトをやりたいと思ったきっかけを教えてください。

子供が一緒に町中を散歩しているとゴミを拾うようになり、保育園でそう教わっていると聞いて感心する一方で、ゴミだらけの世の中に対して彼らに申し訳なく思い、環境問題に真剣に向き合いました。

ー善積さんの人生において、TSGはどんな価値がありましたか?起こった変化や気づきなどがあれば教えてください。

TSGで出会った方々は、考え方や取り組まれている事業、目指す事業規模など含めて多様性溢れていて、刺激的でした。

地球中心の視点でサステイナブルな事業を生み出す。

ー今後実現したい世界やビジョンがあれば教えてください。

カマンのビジョンは「おいしい、で地球を救う」です。
これまではPeople(顧客)中心にProfit(利益)も生まれる新規事業というものをずっとやってきたのですが、ここからはPlanet(地球)中心にPeople視点やProfit視点も持ってサステイナブルな事業を生み出していきたいと思います。

ーこれから起業を考えている方や、TSGのエントリーをされる方に向けて、メッセージをお願いいたします。

400文字から始められるって良い意味で騙されて軽いノリで応募して、どんどん真剣に事業を考えていき、行動を生み出すきっかけになるのではと思います。自分自身もTSGで出していた事業からは大きく変わっての起業となりましたが、前に踏み出すきっかけになったと思っています!

==========================
TSG2022の締切は、7/3(日)23:59です。
エントリーはこちら
新しい一歩を踏み出す皆さんの
エントリーをお待ちしています!
===========================

関連URL

WEB:https://megloo.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/megloo_jp/
Twitter:https://twitter.com/megloo_jp
Facebook:https://www.facebook.com/megloo.jp/

過去のTSGの様子はこちら

TOKYO STARTUP GATEWAY 2021

TOKYO STARTUP GATEWAY 2020

TOKYO STARTUP GATEWAY 2019

TOKYO STARTUP GATEWAY 2018

TOKYO STARTUP GATEWAY 2017

TOKYO STARTUP GATEWAY 2016

TOKYO STARTUP GATEWAY 2015

TOKYO STARTUP GATEWAY 2014

[ PROFILE ]

善積 真吾さん(2019セミファイナリスト/株式会社カマン代表取締役)

2005年ソニー(株)に入社後、全自動カメラロボット「Party-shot」を発案し事業化。社内新規事業創出プログラムのオーディション立ち上げに参画。その後もプロデューサーとして、100チーム以上の大企業・ベンチャー・大学・NPOの新規事業立ち上げ支援。2020年末に株式会社カマン創業。

他の記事を見る

INTERVIEW

SNSを駆使して生きる私たちだからこそ提案できる文通の楽しみをカタチに

江森みずほさん(2016コンテスト部門メンバー/手紙暮らし)

INTERVIEW

予測できない!「ドキドキ・ワクワク」を生き方にする。科学の楽しさ、面白さを、研究…

山本智さん(2016コンテスト部門メンバー/ちそう株式会社 代表取締役/PRプランナー )

INTERVIEW

【動画】「家業は賞味期限切れを起こしていることが多い」株式会社みやじ豚 宮治勇輔…

宮治 勇輔さん(メンター&講師/株式会社みやじ豚 代表取締役社長/NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事/株式会社ファーマーズバーベキュー 代表取締役/家業イノベーション・ラボ実行委員)

INTERVIEW

次世代風力発電機の発明・普及で、世界のエネルギーシフトをリードしたい。

清水 敦史さん(2014ファイナリスト/株式会社チャレナジー 代表取締役CEO)

記事一覧へ戻る