TOKYO STARTUP GATEWAY

English都庁総合トップページサイトマップ

HOME > TSGマガジン > 【動画】「家業は賞味期限切れを起こしていることが多い」株式会社みやじ豚 宮治勇輔さんインタビュー

INTERVIEW
【動画】「家業は賞味期限切れを起こしていることが多い」株式会社みやじ豚 宮治勇輔さんインタビュー

宮治 勇輔さん(メンター&講師/株式会社みやじ豚 代表取締役社長/NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事/株式会社ファーマーズバーベキュー 代表取締役/家業イノベーション・ラボ実行委員)

Facebookアイコン Twitterアイコン はてブアイコン LINEアイコン

TOKYO STARTUP GATEWAY2019メンター、過去参加者(OBOG)のインタビュー動画の配信がスタートしました!

第一弾は、株式会社みやじ豚の宮治 勇輔さんです。ぜひ、ご覧ください。

過去のTSGの様子はこちら

TOKYO STARTUP GATEWAY 2020

TOKYO STARTUP GATEWAY 2019

TOKYO STARTUP GATEWAY 2018

TOKYO STARTUP GATEWAY 2017

TOKYO STARTUP GATEWAY 2016

TOKYO STARTUP GATEWAY 2015

TOKYO STARTUP GATEWAY 2014

[ PROFILE ]

宮治 勇輔さん(メンター&講師/株式会社みやじ豚 代表取締役社長/NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事/株式会社ファーマーズバーベキュー 代表取締役/家業イノベーション・ラボ実行委員)

1978年、湘南地域の小さな養豚農家の長男としてこの世に生を受ける。2001年慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社パソナに入社。営業・企画・新規プロジェクトの立ち上げ、大阪勤務などを経て2005年6月に退職。実家の養豚業を継ぎ、2006年9月に株式会社みやじ豚を設立し、代表取締役に就任。生産は弟、自身はプロデュースを担当し、独自のバーベキューマーケティングにより2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。みやじ豚は2008年農林水産大臣賞受賞。みやじ豚は順調に推移するも規模拡大をよしとせず、日本の農業の現状に強い危機意識を持ち、都心で働く農家のこせがれの帰農支援を目的に、2009年にNPO法人農家のこせがれネットワークを設立。2010年、地域づくり総務大臣表彰個人表彰を受賞。2015年より丸2年間、農業の事業承継を研究する、農家のファミリービジネス研究会を主宰。JA全農と『事業承継ブック』を制作し、全国のJAを通じて1万3千部を配布。事業承継の研究と実践を推進するべく、2017年より家業イノベーション・ラボを立ち上げるDIAMOND・ハーバード・ビジネス・レビュー「未来を創るU-40経営者20名」。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』。 株式会社みやじ豚 : https://miyajibuta.com 株式会社ファーマーズバーベキュー : https://farmersbbq.jp NPO法人農家のこせがれネットワーク : http://kosegarenet.com 家業イノベーション・ラボ : https://kagyoinnovationlabo.com/

他の記事を見る

INTERVIEW

400文字の夢のつづき 第10回 ~ケアを必要とする人々の人生に永く寄り添う服づ…

笈沼 清紀さん(2019オーディエンス賞/株式会社ケアウィル 代表取締役)

INTERVIEW

SNSを駆使して生きる私たちだからこそ提案できる文通の楽しみをカタチに

江森みずほさん(2016コンテスト部門メンバー/手紙暮らし)

REPORT

先輩のSTARTING LINE -第2回- 一つのシンボルから始まった被災地…

渡邊 享子さん(合同会社巻組 代表社員)

INTERVIEW

「食のインフラになる」、現役東大生が起業に懸ける思い

齋藤 大斗さん(2015ファイナリスト/株式会社ふらりーと代表取締役)

記事一覧へ戻る