TOKYO STARTUP GATEWAY

都庁総合トップページサイトマップ

HOME > インタビュー > 会社勤めでも、実践的な学び・繋がりを得られる貴重なプログラム。

会社勤めでも、実践的な学び・繋がりを得られる貴重なプログラム。

田口 雄介さん(2014セミファイナリスト/HIDE OUT CLUB 代表)

ho_ogp_image

仕掛けている事業について教えてください。

ウイスキーを軸としたコミュニティサービスを運営しています。
飲んだウイスキーを記録していったり、他の人が飲んだウイスキー記録を見てコメントしたり出来ます。
また、世の中に散らばっているウイスキーに関する情報を一覧でまとめて見ることも可能です。
近年の日本のウイスキー市場は、様々な要因が重なり、大きく成長しております。
その結果、女性を含めたライトな消費者にも広がっています。
一方で、ウイスキーは数万点以上にもおよぶボトルが存在し、蒸留所や熟成年数、使用樽や瓶詰め業者などの違いが多くあります。
これまで、消費者が、ネットでウイスキー情報を確認したい場合、メーカーの公式サイトやECサイト、個人ブログなど、様々なページを回遊しなければならないため、情報収集や整理が難しく、とくに初心者にとってハードルが高い飲み物になりがちという課題がありました。
これらの課題を解決するためのサービスを、1人のウイスキー好きとして、始めています。
HIDOUT

田口さんにとって、TOKYO STARTUP GATEWAYはどんな価値がありましたか。

本格的に事業立ち上げを検討し始めていたなか、TOKYO STARTUP GATEWAYを知りました。
経営や事業・組織運営について分からないことが多いため、起業家の先輩方のアドバイスをいただけることや、会社勤めをしながら参加できるプログラムが魅力的だったためエントリーをしました。
実際にプログラムを経験してみると、とても貴重な先輩起業家とのつながりや、同じ志を持った仲間との出会いがあり、これが一番の価値だったと感じています。
全体(修正)
このプログラムで出会った先輩起業家に更に他の方を紹介していただき、ネットワークを広げてくれるメンターになって頂けています。
運営主体である事務局も困ったときに相談に乗ってくれる拠り所となっていた点でも心強かったです。
エントリー時に想定していた以上に、大きい存在となってくれました。
また、営業先を含め他者に事業の説明をする際に、TOKYO STARTUP GATEWAYのプログラムに参加している話をすることで、会話がスムーズになることもあり、様々な角度から助けてもらえています。

2020年に向けたビジョンをお聞かせください。

次の時代のスタンダードを創り出す。
これが私たちのビジョンです。
d17245-1-586620-6
特に、いまの時代の流れに沿った誰もが予測可能なスタンダードではなく、新しい価値観を提案し、それが世の中に受け入れられることで生み出される、非連続なイノベーションによるスタンダードを創り出したいと考えています。
かつて120文字限定のミニブログと紹介されていたTwitterのアイディアを聞いて、それが社会のコミュニケーションインフラの1つになると
予測できた人はどのぐらいいたでしょうか。
新しい価値観は机上のアイディアだけでなく、実際に顧客に使ってもらいつつ、既存の価値観とすり合わせながら生み出されていくものだと考えています。
まさにいま私たちはそのプロセスを踏んでいる最中です。
2015年現在、5年前には思いもよらなかった価値観が浸透しているように、5年後の2020年には今では思いもよらなかった価値観が浸透していることと思います。
そんな新しい価値観、新しいスタンダードを創り出す一翼を私たちも担えるよう頑張りたいと思っています。

関連URL

・HIDE OUT CLUBホームページ:https://hideoutclub.jp/
・facebookページ:https://www.facebook.com/hideoutclub

過去の様子はこちら

TOKYO STARTUP GATEWAY 2016

TOKYO STARTUP GATEWAY 2015

TOKYO STARTUP GATEWAY 2014

PROFILE

田口 雄介さん(2014セミファイナリスト/HIDE OUT CLUB 代表)

TOKYO STARTUP GATEWAY2014セミファイナリスト。立教大学を卒業後、楽天株式会社に入社。開発部のエンジニア、ビッグデータ部のプロデューサーとして従事。その後、株式会社リクルートライフスタイルのネットビジネス本部にてUXデザインを担当。 2015年1月28日に、日本初のソーシャル・ボトルシェアリングを運営する「ハイドアウトクラブ」をオープン。

他のインタビューを見る

「ラントリップ」というスタイルの普及で、世界中の道を資源に変える。

大森 英一郎さん(2014ファイナリスト/RUNTRIP Founder)

「食のインフラになる」、現役東大生が起業に懸ける思い

齋藤 大斗さん(2015ファイナリスト/株式会社ふらりーと代表取締役)

不登校児童に正面から向き合い、夢の芽を引き出す。

塚﨑 康弘さん(2014セミファイナリスト/アップシードビーンズ株式会社 代表)

初めは、「起業」というものは異星人が行うものだと思っていました。

西山恵太さん(2014セミファイナリスト/Curio School代表取締役)

インタビュー一覧へ