TOKYO STARTUP GATEWAY

都庁総合トップページサイトマップ

HOME > ビジネススクール > THE ENTREPRENEURSHIP – Haloworld株式会社 司馬 天風 氏-

開催終了

THE ENTREPRENEURSHIP – Haloworld株式会社 司馬 天風 氏-

~次の100年を拓く変革者のリアル~

#ロボット・IOT

#巻き込み力を学ぶ

#社会性とビジネスを両立させる方法

日時:2017/10/27(金)19時30分~21時30分

会場:NPO法人ETIC. (エティック) 渋谷オフィス

0 list 0

本講座は終了しました。
沢山のご参加ありがとうございました。

この講座について

「起業家たちは、いかにして世界を驚かせるアイデアを発想したのか。」
「不可能に思える難題をどう乗り越え、自らのビジョンを実現してきたのか。」
「世界の今や課題をどう捉え、どんな未来を生み出そうとしているのか。」

本講座では、確かな情熱で、創りたい未来を描き、人や組織を巻き込みながら
常識を覆すアイデアを実現してきたアントレプレナーの生々しい実話をもとに、
世界を変える実践的なアントレプレナーシップを獲得していきます。

どんな危機をも乗り越え、むしろワクワクしながら挑んでいくような、
世界を変える「創造」と「変革」の仕掛人としてのあり方や視点を、
参加者それぞれが見出せる機会にしていければと思います。

講座の内容

【社会性とマネタイズ、両面両立の新ビジネスをロボットから創り出す!
~0.618歩先を取りに行く!~】

「起業したいができない現状をどのように打破するか。」
「または、起業後に待ち受ける壁をどの様に打破するか。」
「さらには、現状に甘んじず、“さらにその先”を狙い、自分を打破するか。」

六畳一間から始め、今に至る実際の経営経験から得たこと、
またさらに新しく起業することなどから、
「これから起業するにあたり事業家として大事な事」を共有する。

さらにはロボットやIoTに限らず、
「すべての分野においての今後=人類が本当に求める“次のステップ”」を
受講者参加型で話し合う。

<講座内容>
(1) イントロダクション
(2) 講演
(3) アイディアソン~求められる次のステップを考える

<講演内容>
Ⅰ.起業を志していたサラリーマン時代「仲間の離散・ビジネススクール・創業手伝い」
Ⅱ.電力関連商社Cantecでの経験 「危険、汚い、六畳一間発信」
Ⅲ.ロボット会社の立上げ 「時代の流れと自分の強み」

フツーの文系大学を卒業したフツーの新卒者がフツーに就職してなんとなく考えること。
「働くとは。」「人生とは。」「人間とは。」
そこに20代の頃、本や人に聞きまくり、その答えを見出し、行動に移し、
事業を展開しながら、今に至るまで学んだことを
「考え方、人、お金、ビジネスモデル」などの要素を踏まえて話します。

POINTs
『スピードとシツコサ』
『上下左右・全員参加のフラッシュモブ経営』
『神は細部に宿る』
『常に現状不満足』
『利己を捨てる』
『維持可能な“人助け”』

講師紹介

司馬 天風(しば てんぷう) 氏

Haloworld株式会社、Cantec株式会社 両代表取締役

日本大学商学部卒業。ソフトウェアIT会社に就職を機に、起業を意識しビジネススクールに通う。2003年、高級チョコレートブランド事業の創業に携わる。「もっと小さいビジネスから修行する!」と2004年、資材商社のCantec㈱創業に参加。社員ゼロ、給与ゼロ、事務所は自宅の六畳一間、開発以外は全てやる実質「創業社長」からスタート。当時、年間売上2千万円。途中に代表就任しながら、2014年に売上9億円。2016年、東日本大震災の爪痕が癒えない福島県浜通り地区(いわき市)でロボット会社Haloworld㈱を創業。現在2つの会社の両代表として、気合いとノリで奮闘中! http://haloworld.co.jp/index.html http://www.cantec-co.jp/

開催概要

日 時:
2017年10月27日(金)19時30分~21時30分
会 場:
NPO法人ETIC. (エティック) 渋谷オフィス地図はこちら
渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル 5階
渋谷駅徒歩10分・原宿駅徒歩9分

特記事項

※本講座は、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
※19時15分より開場・受付を開始します。 19時30分より開始となりますので、5分前までにはご着席ください。
※講座終了後、同会場で交流会を行います。 簡易ではありますが、お時間の許します限りご参加ください。

お申込み

本講座は終了しました。沢山のご参加ありがとうございました。

講座一覧へ戻る