TOKYO STARTUP GATEWAY

都庁総合トップページサイトマップ

HOME > ビジネススクール > THE ENTREPRENEURSHIP –日南市ローカルベンチャー プロデューサー 土屋有 氏-

開催終了

THE ENTREPRENEURSHIP –日南市ローカルベンチャー プロデューサー 土屋有 氏-

~次の100年を拓く変革者のリアル~

##ソーシャルベンチャー

##地域課題解決

##今と未来をつなげる

日時:2017/09/02(土)15時30分〜17時30分

会場:Startup Hub Tokyo

0 list 0

本講座は終了しました。
沢山のご参加ありがとうございました。

この講座について

「起業家たちは、いかにして世界を驚かせるアイデアを発想したのか。」
「不可能に思える難題をどう乗り越え、自らのビジョンを実現してきたのか。」
「世界の今や課題をどう捉え、どんな未来を生み出そうとしているのか。」

本講座では、確かな情熱で、創りたい未来を描き、人や組織を巻き込みながら
常識を覆すアイデアを実現してきたアントレプレナーの生々しい実話をもとに、
世界を変える実践的なアントレプレナーシップを獲得していきます。

どんな危機をも乗り越え、むしろワクワクしながら挑んでいくような、
世界を変える「創造」と「変革」の仕掛人としてのあり方や視点を、
参加者それぞれが見出せる機会にしていければと思います。

講座の内容

(1) イントロダクション
(2) ゲストによる講演
(3) 質疑応答
(4) 交流会

未来に不安を感じるからこそ、その未来と向き合う。衰退そして日本の未来の象徴ともいえる「地方」において、イノベーション、イノベーターを生み出すために取り組み、サポートを続け、日本を代表する事例を産み出している宮崎県日南市において「地域の新たな経済を生み出すローカベルベンチャー」プラットフォームのプロデューサーを務める土屋 有さん(日南市ローカルベンチャー プロデューサー、宮崎大学 講師)をお招きします。


〇地域からイノベーター、チャレンジャーが生まれるワケとは?
○自分の思考のキャップ(上限)を突き抜けるためには?
◯「思考のみイノベーター」から「行動するイノベーター」になるには?
◯東京と地方のイノベーターの違いはなにか?
○どうしたら自分がチャレンジャー、サポーターになれるのか?
〇事業を通じて、どのような未来や社会の実現を目指しているか?

世界には目の前の地域も含まれています。あなたの世界を広げるのは実は、この瞬間から始めることができるはず。

講師紹介

土屋 有(つちや ゆう) 氏

宮崎県日南市ローカルベンチャー プロデューサー、宮崎大学 地域資源創成学部 講師

1980年生まれ、宮崎県出身。大学在学中に株式会社アイレップ取締役就任し、上場。その後、介護系事業を起業・売却、面白法人カヤック事業部長、株式会社アラタナ取締役を経て、国立大学法人宮崎大学 地域資源創成学部講師。民間企業在職中は、マーケティングプランナーとして社会課題解決とビジネスモデル構築で多くの実績をつくる。大学においては地域課題解決型ビジネスのマーケティングモデルの研究を行う。

開催概要

日 時:
2017年09月02日(土)15時30分〜17時30分
会 場:
Startup Hub Tokyo地図はこちら
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション1F
・JR東京駅 丸の内南口より 徒歩5分
・JR有楽町駅 国際フォーラム口より 徒歩5分
・地下鉄千代田線二重橋前駅 3番出口直結

特記事項

※15時15分より開場・受付を開始します。 15時30分より開始となりますので、5分前までにはご着席ください。
※終了後、同会場で交流会を行います。 簡易ではありますが、お時間の許します限りご参加ください。

お申込み

本講座は終了しました。沢山のご参加ありがとうございました。

講座一覧へ戻る

はじめてみよう、あなただけのチャレンジ。ーSTARTING LINE(スタトラ)