TOKYO STARTUP GATEWAY

都庁総合トップページサイトマップ

IGNITE TOKYO,
IGNITE THE WORLD.

東京発・400字からはじまる、世界を変えるスタートアップコンテスト
「TOKYO STARTUP GATEWAY 2015」

TOKYO STARTUP GATEWAYは、インターネットから、モノづくり、ソーシャルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて、「東京」から世界を変える若き起業家を輩出するスタートアップコンテストです。

10年後、100年後の日本や世界の姿は、これから新しく誕生する起業家の、そう、あなたの内に秘めた情熱とアイデアにかかっています。精緻なビジネスプランなど最初は必要ありません。あなたが、なぜ、その事業に賭けてみたいのか、起業家として、どんな世の中や世界を作りたいのか?まずは、そこから始まります。

このブラッシュアップ型・相互支援型のプラットフォームを通じて、顧客と向き合い、自分と向き合い、ここに集まる仲間たちと切磋琢磨し、たくさんの先を行く起業家や支援者の力を借りることで、 いま、あなたの内側にある情熱とアイデアを、世界を変えていける力と計画にしていく、そのスタート地点になることを願っています。

さぁ、ここからあなたの起業家としての新たな人生が幕をあけます。
未来を一緒に作る、みなさんとお会いできること、楽しみにしています。

特徴

400文字でエントリーOK

400文字の事業に賭ける想いと、事業アイデアからスタート。最初から精緻な事業計画は必要ありません。

メンターと共にプランをブラッシュアップ

30人もの日本を代表する起業家・ベンチャーキャピタリスト・アクセラレーターがメンターとして強力にバックアップ。

参加者同士のコミュニティ

同じタイミングで起業を志し、困難を共にした「起業同期」との切磋琢磨と相互支援のコミュニティはかけがえのない財産に。

実践的なビジネススクール

各分野で注目の起業家が講師となって、アイデア段階・シード期に必要不可欠な知恵とノウハウを伝授。

賞金や支援メニューの提供

最優秀者には100万円、優秀者には50万円の賞金を提供。更にサポーター各社から支援メニューを提供。

リソース獲得の機会を提供

創業メンバー、最初の顧客、メディア、エンジェル投資家など、創業期を支えてくれる重要なリソースとの出会いの場を用意。

コンテスト部門(2015年7月12日~2015年11月29日)

コンテスト部門の風景

先輩起業家による実践的な講義&メンタリング、ユーザーインタビューやプロトタイプの開発等の具体的なアクション、共に起業を目指す応募者同士の切磋琢磨を通じて、起業家としてのビジョンを深め、アイデアを、「世界」を変える事業計画にブラッシュアップしていきます。

※スケジュールは多少、変更になる可能性があります。

スケジュール

コンテスト部門First Stage/7月中旬~8月下旬(70名~80名程度採択予定)

7月12日(日) Kick Off Day詳細
7月19日(日) リーンローンチパッド実践Workshop(理論編)詳細
7月25日(土) Cross Over Day詳細
8月2日(日) リーンローンチパッド実践Workshop(仮説検証編)詳細
8月中旬 事業計画書提出
8月下旬 Second Stage進出者30名程度を発表

コンテスト部門Second Stage/8月下旬~10月上旬(30名程度を「セミファイナリスト」として採択予定)

8月29日(土) Mentoring Day詳細
9月6日(日) 実践ビジネススクール【任意参加】
9月12日(土) GATEWAY リソース・マーケット詳細
9月19日(土) 実践ビジネススクール【任意参加】
9月27日(日) 実践ビジネススクール【任意参加】
9月下旬 事業計画書提出
10月4日(日) 事業計画プレゼンテーション審査
10月上旬 final Stage/決勝大会進出者発表

コンテスト部門Final Stage/10月下旬~11月下旬(10名を「ファイナリスト」として採択予定)

10月24日(土) ピッチブラッシュアップ
11月7日(土) 事業計画ブラッシュアップ
11月14日(土) 事業計画ブラッシュアップ
11月28日(土) 直前ピッチブラッシュアップ・リハーサル

コンテスト部門決勝大会(会場:丸ビルホール)

11月29日(日) ファイナル・各賞発表
※セミファイナリストにも、「1分ピッチ」の機会が提供されます。

アクセラレーション部門(2015年12月中旬~2016年3月下旬)

アクセラレーション部門の風景

コンテスト部門ファイナリストの10名には、約3か月間の短期集中型でアクセラレーションプログラムを提供。コンテスト終了後の継続サポートを通じて、事業化スピードの加速を目指します。また、セミファイナリストも、「起業家同期コミュニティ」の一員として、ファイナリストと共に切磋琢磨しながら創業や事業化を目指していきます。

創業支援のプロフェッショナルによる個別メンタリング

300人の起業支援を行ってきたETIC.や各分野のアクセラレーター・ベンチャーキャピタル、先輩起業家が事業戦略、組織戦略など、ファイナリストの課題に応じて1対1のメンタリングを行います。

仮想取締役会・理事会による事業化支援

ファイナリストの事業に対して適切なアドバイスを行える起業家数名が仮想の取締役・理事となってミッション・ビジョンの策定、事業・サービスコンセプトのブラッシュアップ、中長期的な事業戦略のプランニング、資本政策の立案等をサポートします。必要に応じて顧客・アライアンス先・投資家の紹介、販路開拓の支援も行います。

ファイナリスト・セミファイナリスト同士のリソース共有

ファイナリスト・セミファイナリストが一同に集まり、起業や事業スタートに向けて足りない経営資源(顧客・取引先・ユーザーインタビュー候補等)をお互いで補い合う「リソース・マーケット」を数回、開催します。

創業期に必要な経営勉強会

「法務・税務」「ソーシャルメディアマーケティング」「人材採用」「インターン活用」等、自分たちの現場で必要な経営ノウハウについて講師を招いたり、お互いの経験を共有したりする形で、切磋琢磨しながら学び合う勉強会を開催します。

そして、その後も続く、最強の起業家コミュニティへ

TOKYO STARTUP GATEWAYで生まれた「起業家同期」の切磋琢磨と相互支援のコミュニティは、その後も継続します。遥か未来のビジョンを見据え、共に起業家として挑戦するコミュニティは、一生の財産となっていくはずです。

募集要項

応募資格

(1)
15歳から39歳までの起業を目指すアイデア・プラン段階の個人
2015年4月1日現在で15歳以上、40歳未満の方
(2)
2016年度末までに都内で起業を目指す方
(3)
プログラム通過者同士で切磋琢磨して、お互いを高め合っていく意思のある方
登記前であればプロジェクトベースやテストマーケティング等のサービス提供を開始している段階でも応募可能です。
都内で起業予定の方であれば、都外にお住まいの方も応募頂けます。
チームでの参加も可能ですが、応募主体はビジネスプランの立案者個人となります。
ビジネススクールやメンタリングは、休日や平日の夜開催するため、会社勤めの方で、今の仕事を続けながら
創業準備をしたい方の応募も可能です。

分野を超えた起業家の融合・協働・切磋琢磨のプラットフォームを通じて、10年後・100年後の世の中のビジョンを世界に示せる、若き起業家を「東京」から発信していきます。

※この分野に限らず幅広い分野で「世界」を変える可能性を秘めたプランを募集します。

INTERNET

IT・ウェブを駆使して人々の生活スタイル・行動様式をがらりと変えてしまうスタートアップ

HARDWARE

人々の日常や世界を豊かにできる、未来志向のハードウェアスタートアップ

SOCIAL

革新的な事業モデルで、社会的な課題、行政だけでは解決できない新たな公共を担うソーシャルスタートアップ

GLOBAL

東京発・日本発の誇れる事業モデルを世界に発信するグローバルスタートアップ

審査基準

1.
アントレプレナーとしての熱意・ビジョン
2.
事業モデル
3.
直近の事業計画の実現可能性
4.
共感性
First Stage、Second Stage、Final Stageそれぞれのステージに応じて審査のウェイトは異なります。

First Stageに向けた審査スケジュール

6月6日(土)22時00分 エントリー〆切
6月中旬 エントリー審査通過者発表
6月23日(火)23時00分 一次審査書類提出〆切
7月上旬 First Stage進出者発表(70名~80名程度採択予定)
エントリー頂いた方には、順次、一次審査に必要な提出書類の情報をお送りします。
一次審査のための書類作成には一定の時間を要しますので、早めのエントリーをお勧めします。
First Stageに向けた審査結果は、個別にご連絡いたします。
不通過の理由に関するお問い合わせには一切応じられませんのでご了承ください。

審査員

各分野でフロンティアを切り拓いてきた日本を代表する経営者が応援団としてファイナリストをサポートします。

村口 和孝 氏

[審査員長]
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ
ジェネラルパートナー 村口 和孝 氏
WEB

小笠原 治 氏

株式会社ABBALab 代表取締役
小笠原 治 氏
WEB

白木 夏子 氏

株式会社HASUNA 代表
白木 夏子 氏
WEB

米良 はるか 氏

READYFOR株式会社 代表取締役CEO
米良 はるか 氏
WEB

決勝大会(ファイナル)

決勝大会(ファイナル)の風景

ファイナリストに選ばれた10名は、350人の聴衆を前に、あなたのビジョンと事業計画をプレゼンテーション。近未来の経営チーム、サービスの最初の顧客、事業提携先候補、エンジェル投資家・ベンチャーキャピタリストなど、事業化に必要なリソースとの出会いの場を提供します。

当日は、東京から「世界」を目指す若き起業家の誕生に注目するメディア関係者も来場。あなたの事業構想が、日本や世界に「デビュー」する日です。

※当日はセミファイナリストにも、1分間プレゼンテーションの機会が提供されます。

日時 11月29日(日)
場所 丸ビルホール
・最優秀賞100万円(1組)
・優秀賞50万円(2組)
・オーディエンス賞(1組)

ビジネススクール

ビジネススクールの風景

First Stage~Final Stageの各プロセスでは、ブラッシュアップ・カリキュラムの一環として、先輩起業家・プロフェッショナルが講師となって、シード期の起業家のための「実践ビジネススクール」を開講します。

また、一部講座は、インターネット生放送を活用したリアルタイム動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営する株式会社スクーにて無料で生放送します。遠方で参加が難しい場合や、都合により講座への参加が出来ない場合に、ご活用下さい。

実践ビジネススクールの予定カリキュラム

シリーズ1:事業構想の描き方・深め方講座

あなたのアイデアをどう「世界」を変える計画に落とし込んでいくのか?そして、計画をいかに社会や顧客に本当に必要なものへと深めていくのかを学びます。

  • ベンチャーキャピタリストが教える事業構想の描き方講座
  • シリコンバレー流・高速仮説検証の技法を学ぶ「リーンローンチパッド」Workshop

シリーズ2:先輩起業家によるアイデアから事業スタートまでのケーススタディ

会社の辞め方、最初の資金調達、マネタイズモデル作り、創業チームの見分け方・失敗例、営業開拓・提携先開拓、ピンチの乗り越え方など、先輩起業家が、ここでしか話せないリアルな創業ヒストリーを語り尽くします。

シリーズ3:先輩起業家/プロフェッショナルから学ぶ『起業の実務』

先輩起業家たちが創業期に「ほんとは教えて欲しかった」実践的で具体的なノウハウを伝授します。

(想定講義テーマ例)

  • シード期の起業家が押さえておくべき資金調達の基礎
  • クラウドファンディングによる資金調達
  • 強い創業チームの作り方/スタートアップの人材採用術
  • 創業初期からグローバル展開を可能にするマネジメント体制
  • 広告からコンテンツの時代へ~コンテンツマーケティングの実務
  • これからサービスをローンチさせる起業家のためのPR・プレスリリースの基本
  • アーリーアダプターを惹きつけるソーシャルメディア活用講座
  • 非エンジニア起業家のためのプログラミング講座
  • 問題解決やイノベーションに必要なデザイン思考とは?
  • 収益化が難しい創業期の社会起業家たちの資金繰りのリアル

※講義テーマは多少、変更になる可能性があります。

シリーズ4:テーマ分野の最新トピック・10年後の未来を学び「マーケット」を知る

最新の業界トレンドや海外事例、10年後の市場予測まで、未来を語れる起業家・プロフェッショナルから「マーケットの今と未来」を学ぶことで、あるべき事業の形をバージョンアップさせていきます。